木造高耐震プレカットシステム「NK工法」 構造用集成材

優れた強度と耐久性、均質性構造用部材として注目される集成材

優れた強度と耐久性、均質性構造用部材として注目される集成材 1893年にドイツで誕生して以来100年以上の歴史を持つ集成材。 当時に比べて接着技術が格段に進歩した現在では、少なくとも100年の耐久性を持つといわれ、新世紀の建築部材として大きな注目を集めています。 日本の住まいづくりは、建築基準法の改正によって「仕様規定」から「性能規定」へと移行し、部材については性能の明確な表示が求められるようになってきました。 集成材が注目されているのは優れた耐久性に加え、高い強度とその均質性。こうした特性が明確な性能表示と信頼に足る構造計算を可能にし、公共建築物などの大規模な木造建築にも集成材が普及しています。 木材は鉄骨と比べると比重が軽い上に強度が強いという特長があります。 デンマークで1927年に集成材を使って建築されたコペンハーゲン中央駅は今も当時と変わらずあります。

無垢材の1.5倍の平均強度

無垢材の1.5倍の平均強度 木の欠点を取り除いたラミナを用い、高性能の接着剤で圧着しているので、無垢材の約1.5倍の平均強度を備えています。
そのため設計面での優位性、経済性の観点からも多用されるようになってきました。

倒壊の危険性が低く、優れた防火性能を発揮

優れた防火性能 建築基準法で集成材の防火性能が認められているのは、加熱による強度の低下が少なく、燃えても倒壊の危険性が低いからです。
火災時の木材の炭化スピードは1分間に0.6〜0.8mmといわれており、例えば20分間火にさらされたとして12〜16mm、両側から燃えたとしても24〜32mm程度しか炭化しません。
よって構造計算上必要な燃えしろ設計を加味すれば、高い安全性が確保できます。

JASの厳格な適合基準をクリア 高い安定性を実現

JAS 含水率をはじめ圧縮・引っ張り・曲げ等に対する強度、接着性能など、構造用集成材はJASの厳格な適合基準をすべてクリアしています。
バラツキの少なさは工業製品ならではのメリット。またムク材にありがちな反りや割れ、乾燥収縮を防ぐため、含水率を15%以下に設定。狂いや縮み変型が発生しにくい寸法安定性を可能にしました。

ひき板の構成(構造用集成材)

JAS 鉄骨のH鋼と強度の配置が同じようになってきます。
強度で表裏はなく、主に梁に使用されます。
※右図中L160とは、ひき板の曲げヤング係数が16(10³N/m)に適合したものであることを示しています。

温もりある工業化木材

温もりある工業化木材 集成材は工業化された製品でありながら、木としての温もりを持っています。
NK工法での接合は、金物が木部に隠れています。木造としての質感を損ねることなく、すっきりとした納まりとなっています。
そのまま構造材をデザインの一部として室内に見せることが十分可能です。また、着色などにより室内演出のアクセントにもなります。

日本集成材工業協同組合

許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|お問合せ 許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|物件を見る

許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|プレカット
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|NK金物
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|許容応力度計算
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|構造用集成材
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|ハイブリッドトラス
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|門型フレーム
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|外壁パネル
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|外張断熱
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|スチール天井下地 ケイテン
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|狭小地建て起し工法
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|篠山プレカット工場見学
許容応力度計算・高耐震接合金物・集成材による「NK工法」|関連書類/資料閲覧